So-net無料ブログ作成

iphone8がフルディスプレイになることが確定!発売日最新情報の予想もあり。

iphone8がフルディスプレイになることが確定!発売日最新情報の予想もあり。

最新情報では、2017年9月、または10月に発売予定とみられている
『iPhone 8』から、ホームボタンつまりTouch IDの部分が消えて
前面がフルディスプレイになるとの情報が確かな筋で入ってきました。






前面のフルディスプレイ化についての主要な情報は2つあります。

ディスプレイにTouch ID(指紋認証)が内蔵される
ホームボタンが背面に移動する


情報としては先に「1.」の内蔵の話が出回り、次に「2.」の背面移動、
そして再び「1.」の内蔵の話が盛り返すといった状況です。

この記事ではそれぞれどのような特徴があるのかを紐解いていこうと思います。

1.Touch IDを内蔵してベゼルレスデザインになるということは
Touch ID内蔵については、iPhone 8についての情報が出回り始めた
当初から噂のひとつとしてあがっていました。

噂の概要は
「Appleとしてはホームボタンをなくしてディスプレイを大きくしたいが、
Touch IDセンサーを内蔵するには技術的な問題を抱えており、
そのためにiPhone 8の発売が遅れている」といったものです。

この問題の解決が難しいため、
「先にiPhone 7sを発売し、
後ほど虹彩認証(ユーザーの目の虹彩を使った生体認証)
を搭載したiPhone 8を発売するのでは?」とも言われていました。

しかしながら最新の情報ではTouch IDを内蔵することで決定し、
iPhoneは前面をフルディスプレイ化、
そしてフチのないベゼルレスデザインになると伝えられています。

イメージはギャラクシーのフルディスプレイみたいな感じですね。
カバーなしで使っていると誤タッチが多くなることが予測されますので
その点をどうクリアするかですね。

2.ホームボタンを背面に移動させてフルディスプレイ化
続いてホームボタンの背面移動についてですが、
こちらはAppleのロゴの下にホームボタンが存在する図面や
モックアップが相次いで公開されてきました。

ホームボタンが前面から背面に移動することで、
片手でスマホを持ったままスムーズにロックを
解除できるようになりますよね。








もともとワンハンドフォンを定義しているiPhoneなので
大いにありえる話ですよね。

指紋認証の背面搭載はいくつかのAndroidで
採用されてるので、この便利さを認知している人は多いですよね。
背面移動が事実であれば、これがiPhoneでも使えるようになるというわけです。


どちらの方式が採用されたとしても、前面ディスプレイのサイズが縦長になります。
噂ではアスペクト比は従来の16:9から18.5:9になるそうです。

最近は多くのデザインカバーが発売されているので
落下時の破損も少なくなったみたいですが
今回のiPhoneは日本人の手にフィットするのでしょうか?

楽しみに待ちましょう♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。