So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央の余命、6月の最新情報で明らかにされた情報も [芸能]

6月までの余命や終末医療

最期の時は近いのではないかとウワサされている






小林麻央さんが退院を2017年5月29日にしました。

彼女に
残された時間は本当にもう残りわずかなのでしょうか?
顎にがん細胞の転移を5月26日に発表したばかりの
小林麻央さんですが
ここにきて彼女は退院して
病院を後にすることを決意されました。
この退院はいったい何を意味するのでしょうか?
もう余命が残り少なく
もって6月までではないか?との意見や
遂に終末医療に突入し最期の時は近いのでは?という意見も多いですが
本当に彼女はもうそんな段階なのでしょうか・・・


終末医療というものですが

これはもう現代の医学では治る見込みがないと判断され

無理な延命よりも

患者のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)つまり

残された人生や生活の質に重きを置いた医療で

自宅療法やホスピスと呼ばれる専門の医療施設で行われます。

小林麻央さんが

もしこの段階まできているのだとしたら

今までの海老蔵さんの

病院食を無視した差し入れや

大量のサプリメントとも思われる

錠剤の粉砕行為に

病院側が何も言わなかったのも頷けます。

もしも、この記事を読んでいるあなたが

彼女や海老蔵さんと同じ環境になったらどう行動しますか?

一般人よりも遥かに裕福な状況のあなたは

最先端と呼ばれるような治療も受け

一縷の望みを賭けて民間療法にも多額の費用をかけますが

それでも病状は一進一退で

むしろ悪化さえもしています。

あなたならどのような決断をしますか?

そう考えると

最期の希望として自宅で

愛する幼い子供たちが待つ家族と一緒に過ごすことで

心の底から生きたいという意思がもたらす

奇跡が起こることを願ったって決して不思議ではありません。







お二人のブログを見る限りでは

人間の持って生まれた奇跡の能力である免疫力に

注目していて

対処療法である西洋医学では

もうどうにもならない時点まで来ている事もうかがえます。

私はこれまで小林麻央さんの病状について

いくつか記事を書いてきましたが

正直な話、5月の中旬時点ではまだしばらくは

大丈夫だろうなという気持ちがあったり

悪く叩かれるような余計な事を言わないほうがいいのになって思うことがありましたが

今回は本当に最期の時が迫っているような印象です・・・

今回の事で

私はTEDのあるスピーチを思い出しました。

それは

ニューヨークにいる一人の救急救命士のスピーチでした

彼は交通事故やハリケーンなどさまざまな事故に関わってきましたが

そのたびに彼は

「事故により避けようのない死が迫っている患者に正直に死を伝えるべきか?」

という疑問を抱えていました。

もし正直に伝えたら患者は死に怯えながら

生にしがみつき絶望のまま最期を迎えるのではないか?と

彼はいつも恐れていたそうです・・・

ですがある時、彼はこの考えが間違いだという事に気づきます。

キッカケは一人の青年のバイク事故でした

彼はいつものように現場に急行し

患者である青年を発見しましたが

かなりの重傷でもはや助からないとわかったそうです。

そこで彼は

いつもと違う対応をし真実をありのままに話すことにしました。

その青年のショックは計り知れないものだったでしょうが

結果的には

安らぎを見せそれを受け入れたように見えたそうです。

この経験から彼は

人生の終わりは必ずしも恐怖に満ちたものではないと悟り

その後は安らぎを与えられるように真実を話したそうです。

このような経験から

彼は人が亡くなる瞬間にとる行動は

大きく分けて3つのパターンがあると言っています。

①許しや後悔

②誰かに覚えていてほしいと思う記憶への願望

そして最後

③自分の人生に意味があったのか?という事です。

小林麻央さんは

何を思うのでしょうか?

彼女のブログ KOKORO自体が

記憶への願望そのものなのでしょうか?

退院して自宅療法に切り替えた

小林麻央さんですが

彼女は本当にもう終末医療で

余命は残り少なく6月がヤマなのでしょうか?

まだ確実にそう決まってしまったわけではありませんし

何よりも幼い2人の子供たちの笑顔や愛情が

医学では理解できない

奇跡を起こすことだって十分に可能性があると思います。

私は特に小林麻央さんのファンでもありませんが

正面からの口角をあげた状態で

あれだけ激ヤセしているにも関わらず

批判の声もある中での、あの眼差しです。

実際の知り合いではないのでメディア上の性格しか知りませんし

本性は関係者しか知りえないでしょうが

彼女のあの強さは素直に尊敬します。

なのでどうにか奇跡を起こして前例を作ってほしいです。

彼女が今の状態でもし奇跡の回復を見せたら

これを励みに頑張ろうと思える闘病中の人が

大勢いるはずですし自宅療法に切り替えたのでしたら

なおさら、

高額医療を受けなくても自分でも

奇跡がおこるかもしれないと勇気付けられる人も沢山いると思います。

応援しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。